こんにちは、ユージです。

21歳の時、投資と出会って会社と共に生きる以外の道に気付き、
更にはネットで稼ぐ方法も知り、今に至ります。

先日こういったツイートをしました。

上記は会社を辞めたがっている人が実際は対策として何も動いていないことに対しての
疑問のツイートなのですが、

この記事にたどり着いたのはおそらく会社に行きたくなさ過ぎて
どうしようもないけどどうにもできないみたいな感じの迷える子羊のような状態だと思いますので、

僕からの独自の視点で会社に行きたくないけど仕方なく行ってる状態から抜け出すための
解決策を提示していきます。

【会社に行きたくない】仕事が嫌でも休むことができないときの解決策

結論として提示する解決策は二つあって、一つがどうしても我慢できない場合はもう思い切って
辞めてしまう。もう一つはまだ我慢できるなら会社に属したまま自分で稼ぐスキルを身に付けて
独立するということです。

本気で行きたくないのなら仮病くらい使うべき

ちょっと暴論ですが、本気で会社に行きたくないなら仮病くらい使って休んでいいと思いますよ。
だって、有給ありますよね?もし有給さえ与えてもらえない、もしくは使わせてもらいなんて
会社なら100%長続きしないのですぐに辞めることをおすすめします。

もし会社に行きたくなさ過ぎても我慢して行き続けて、
それでうつ病にでもなったら最悪ですからね。

それなら仮病使って会社休んでもいいじゃないですか。
そんなことしたら周りに申し訳ないとか言うのなら、それはさすがに
馬鹿真面目過ぎ、生きるための要領が悪いです。

有給を消化しきったらもう辞めるのもありですね。
別に会社なんて星の数ほどあります。今どき石の上にも三年なんて言葉は
流行らないですからね。

幸いにも会社を自己都合で退職したとしても、失業手当という便利な制度があるので、
次の仕事が見つかるまでに、気分転換をしつつ、ゆっくり自分に合いそうな仕事を
探してみるのもいいですよね。

普通に、仕事を辞めたいのなんて当たり前の感情ですから自分のことを必要以上に
ダメ人間とか責める必要はありませんからね。

これについては僕の過去の記事にも掘り下げて書いてあります。
>>過去記事:【脱社畜】仕事を辞めたいのは甘えではない理由とは!?【根拠あり】

今の仕事が本気で合わない、ストレスで心身が悲鳴をあげているのならそれは
命がその環境を拒否しています。

なので、仕事を辞めることは戦力的撤退です。
恥では全くありません、堂々と辞めてしまいましょう。
そのあとゆっくり次の道を探しましょう。

会社に行きたくないなら会社に行かなくていい人間になれ

ただ会社に行くのがちょっとダルいとか面倒というのなら少しは我慢をしましょう。

そう言った人には独立するのに必要なスキルを付けて辞めてみればいいと思いますが、
そこで初めて会社のありがたみだったりを知ることになると思います。

会社って極論あんまり仕事に対してやる気とかなくても毎月ちゃんと20万とかくれるじゃないですか。

でも個人でビジネスをやると、やる気なかったらどんどん収益が落ちていきますからね。
当たり前ですけど。

年金や保険も半分会社が出してくれますし、会社が辞めた過ぎてもどうしても
我慢できないとき以外は会社に安定した給料をもらいながら副業をする形が
一番リスクも無いかなと思いますね。

会社員の副業にはリスクがないやり方が一番いいと思うので、
それにはインターネットを使った副業で収益をあげていくのが一番最適です。

具体的には情報発信によるファンを獲得したコンテンツ販売や、アフィリエイトといった
ものが利益率も高くこれからも伸びる市場なのでおススメですね。

会社員の副業で稼ぐ方法については下記の記事で詳しくお話ししています。

>>参考記事:【副業を始めたい】会社員におすすめしたい土日・祝日で稼ぐ方法!

辞めたいと言っているだけでは現実は何も起こりません

会社を辞めたいと言っている人が多いですが、口だけで何も行動を起こしていない人が
多いです。

僕から言わせるとそれって本気で辞めたいと思ってるの?
辞めたいなら辞めても平気なように何かしらの行動や努力をするべきなのでは?
と本気で思います。

僕なら仕事は定時で切り上げ、残業はしない、飲み会にも行かず家でひたすら作業しますよ。
だって、会社を本気で辞めたいから。

辞めたいと言いながら本気で辞める為の努力をしない人が多すぎる。
それで辞めたいとかダルイとかいうのってハッキリ言って甘いというか、
都合よすぎです。

何も行動を起こさないままでは一生会社員のままなのは当然、それでも構わないのなら
いいですが、嫌なのであれば抜け出せるように努力をしましょうよ。

という感じで少し厳しめの意見でしたがこれで終わりにします。

行動をする人は僕は応援しますよ。
一緒に頑張りましょう。

僕の発行しているメルマガに登録をして勉強をしてみてください。
まずは小さな行動から自分の行きたい道は開けてきます。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。