こんにちは、ユージです。

大学生の頃に投資の世界と出会って早7年程経過しました。

今回の内容は、投資を勉強するにあたってどういう勉強の仕方が
いいのかをお伝えしていきます。

僕のお伝えする勉強法というのは、
簡潔にいうと「稼ぐ為の最短の知識の身に付け方」です。

投資の勉強なんてその辺の本屋さんで何冊か買ってきたり
ネットで調べれば事前知識の情報は十分揃います。

そういった事ではなく、稼ぐ為の勉強法という実利を求めた
勉強法についての解説となりますので、

これから投資、もしくはデイトレードで稼いでいきたい方は
是非ご参考下さい。

【投資の勉強法】この世で最も効率の良い学習法とは

投資で成果を出すための一番の勉強法は、
実際に売買をしてみて相場に参加してみる事ですね。

正直、これをしないで本を読んだりネットで調べたりしてあーでもないこーでもない
と言っているよりかは、実際にトレードをしてみたりするのが一番です。

投資は身銭を切って取り組んでこそ感覚が身に付く

実際にトレードといいましたが、例えばFXのトレードを勉強しようと
したときにいつまでもデモトレードばかりしていては一向に力は付きません。

デモトレードをする意味としては、取引で使うコマンドを覚える為くらいでいいしょう。

投資での最短の稼ぐ力が身に付くときというのは、
自分の身銭を切ってトレードをしているときです。

身銭を切ってトレードするのとそうでないのとでは全くやる意味が異なってきます。

というのも、投資は人間のメンタルが勝敗に大きく関わってくるからで、
自分のお金が減ったり増えたりしないと相場で勝負している心理状態には
ならないのでやっている意味がないのです。

ですので、怖いかもしれませんが投資の勉強をしてみたいのなら、
まずは身銭を切ってトレードをしてみましょう。

✔始めはほぼ100%負けます

残念なお知らせですが、最初の頃始めたトレードというのはほぼ確実に負けるでしょう。

ビギナーズラックでたまたま勝ったりすることもありますが、
その後数回トレードをしていく中で段々と成績が悪くなっていきます。

トレードの世界というのは百戦錬磨のプロと初心者が同じ土俵で戦う厳しい世界です。

ライオンとウサギがタイマンで勝負しているようなものです。

しかし、どんな熟練の凄腕トレーダーだって始めは初心者でした。

初心者がこれから相場で勝っていくには身銭を切って相場の荒波に揉まれて、
お金を失って、胃が痛くなるような思いも味わってから初めて色んな事が
身に付いてきます。

細かい知識なんて正直そんなに重視しなくていいです。

ぶっちゃけ、上がるか下がるかの二択ですからね。

投資はやればやるだけ力が付きます

投資は相場で試行錯誤して、研鑽を積めば積むほど力が付いてきます。

相場の動きが肌感でどういった動きをしていくのかもほんの少しずつ分かってきます。
(もちろん、相場の動きを百発百中できる人はこの世にはいません。)

そして一番手に入れて強力な武器というのが、
お金を失う恐怖が無くなってくること。

どうしても初めの頃というのは、
証券口座の証拠金の額が減ってきてしまうと本当にメンタルがやられます。

僕の話でいえば、損をする度に胃の中をぐちゃぐちゃにかき回されるような痛みや苦しみで
狼狽するようなこともありました。

それでも、勝ったり負けたりを繰り返す中で、
段々と証券口座の中の金額というのはただの数字と思えるように訓練していきました。

かなり慣れが必要ですが、トレードで増えたり減ったりする数字というのは
極端に言えばただ数字が上下しているだけと思い込むことが少しずつできるようになり、
増えても減っても動揺することは減っていきました。

本当に投資の世界で勝つには人間心理をいかに持ち込まないかなので、
自分の心の動揺というのを相場に関係なく機械的にトレードすることが重要になってきます。

✔過去のトレード記録やチャートの動きを取ることは必須

僕は4年以上自分の編み出したトレード法に基づいたデータを取っていますが、
こういったように投資でデータ分析をするのは必須の事だと思います。

データを取らずして戦うのは戦車に竹やりで突っ込むようなものです。

そのデータの中で自分の勝てるエントリーポイントというのを見つけ出し、
実際にトレードしてみるのが一番勝てることへの近道ですね。

実際に勝てそうだと思った手法を編み出しても、
身銭を切ってトレードするとなるとまた話は変わってきます。

繰り返しになりますが、いかに自分の気持ちを押し殺して
機械的にトレードできるかが勝つか負けるかの境目です。

人の感情は相場で負けるように出来ています。

自分の信じたやり方を貫けないようではトレードはやるべきではありません。
向いてないので相場から退場するべきです。というかそのうち負けて退場になるでしょう。

✔最後に

今回は投資の勉強法というテーマでしたが、
答えとしてはまずは相場で身銭を切ってスタートするべきというシンプルなものでした。

簡単に聞こえますが、やるのとならないとでは大違いです。

実際に損失を出すとマジでへこみますからね。

へこんでもメンタルがぼろぼろになっても、その先に得るものがあって
挫けずにトライを重ねた人が栄光を掴むと思います。

実際の相場で戦って、色々と値動きの傾向だったり
メンタルの保ち方だったりを勉強していきましょう。

始めは大変ですが、頑張りましょう。

それでは、このあたりで失礼します。