こんにちは、ユージです。
お金については綺麗とも汚いとも思っていません。

下記は僕のツイートです。

【お金に綺麗も汚いもない】
何故かお金に対して汚いイメージを持っている人がいるけど、
それは今すぐ捨てた方がいい考え方です。 お金を汚いものと深層心理で思っていると、
稼ぐ事に対してメンタルブロックがかかりお金が入らない体質になる。
お金のことを好きにならないとお金も寄ってきません。

日本人にありがちな考え方ですが、お金のことを汚いと思っていたり
卑しいものとして考えている人が多いですよね。

人前でお金の話をすることもタブー視されていますし、
お金は大事なもののはずなのにこの風潮はちょっとおかしい気がしてます。

そこで今回は、ツイートの内容を深堀りしつつお金が汚いという
風潮に対して一石を投じていきたいと思います。

お金を汚いと思っている人は危険信号!?今すぐその考え方を変えよう

お金のことを汚いと思っている場合はものすごく損をしやすい考え方です。
今すぐその考え方は捨てたほうがいいです。

✔汚いと思っているものを喜んで稼げない

お金=汚いと思っている、または何となく深層心理でそう思っていると、
お金を稼ぐことに対して罪悪感のようなものが芽生え、お金を稼ぐことへのブレーキが掛かります。

質問ですが、自分が汚いと思っているものを積極的に手に入れたいと思いますか?

答えはNoと答えるはずです。

汚いと思うお金を稼ごうという気にはなるはずもなく、結果的にお金を稼ぐことが難しくなります。
では、なぜお金のことを汚いと思ってしまう人が多いのでしょうか?

✔お金の本質を理解していない

お金を汚いと思う理由は、お金の本質を理解できていないから。

お金ってそもそも価値を分かりやすく可視化できるようにした便利なツールにすぎないです。
そこに綺麗も汚いもありません。

お金を汚いという人はお金のことを神格化し過ぎじゃないですかね。
硬貨や紙幣も本当の意味ではお金ではなく、本当のお金なんてこの世に存在しません。
電子化すればただの数字ですからね。

お金を沢山稼ぐ人ってなんでお金を稼いでいるのでしょうか?
考えたことはありますか?

給料の高い会社で働いているから?そんな答えを考えていては0点です。

何故お金を沢山稼ぐことができているかというと、
それは多くの価値を提供しているからです。

多くの人に役に立つ商品やサービスを提供しているからこそ、
その対価としてお金を得ているのです。

価値の高いものやことを多くの人に与えている、
ただそれだけのことです。会社で働くだけがお金を稼ぐ方法ではありませんよ、我慢しただけ
お金が入ってくるという仕組みではありませんから。

お金はどうすれば稼ぐことが出来るのかということを具体的に考えることができれば、
お金の本質を理解することができお金を汚いというイメージも無くなるはずです。

お金に好かれる人になって、沢山稼ごう

お金に好かれるっていまいちピンときませんよね?

しかし、お金を稼ぐ人は総じてお金に好かれる様な行動を取っていますよ。

✔お金のことを大事に扱う

お金持ちはお金のことを雑に扱ったりはしません。
逆に貧乏な人ほどお金に対して雑に扱います。

例えば、財布の中のお金にしたって、お金持ちの人の傾向としてはお札の向きをきちんと
揃えていれたり、小銭の種類を分けたり、もちろん余計なレシートやポイントカードなんて
パンパンに入っているなんてことはありません。

お金を持たない人はこれの逆で、札は適当に入れ、レシートはぐちゃぐちゃに入っていて、
ポイントカードなどで財布はパンパン、むしろポケットに適当に放り込んでいるかもしれません。

この両者をみて、自分がお金だったらどちらの元へ行きたいですか?
当然前者だと思います。

おそらくお金持ちはこのようにお金を大事に扱うということは、キッチリとお金の流れや
自分の今の資産を把握しているだろうし、管理は行き届いているはずです。

貧乏な人は、お金に対して気を配っておらず、今自分がどのくらいお金を所持しているのか
すら分かっていないでしょう。

お金に対しての意識が財布一つ見ても明確に読み取れます。
この意識の差が、お金持ちと貧乏人の差を生むのです。

お金も、自分のことを大事にしてくれてキチンと知ってくれている人のところへ
行きたくなります。そして、これの逆の人の元へは行くはずもありません。

✔お金はお金を呼ぶ

僕の好きなドラマで、「ダブル・フェイス」というドラマがあるのですが、
そのドラマの中である人物がこういったセリフを言っていました。

「お金っていうのは寂しがり屋で繊細な生き物なんだよ。だから群れたがる。仲間のいるところへ
いきたがる。自分のことを可愛がってくれる人のところへ行きたがるんだよ。」

ぼくはこのセリフが自分の心に刺さりました。

このセリフにはお金の本質や特性が読み取れるところがあります。

まさに、お金はお金のあるところに集まりますよね。
資産家の元へはお金が更にお金を生み出す仕組みが出来上がっていますし、
やはりお金を大事にする人の元へお金は集まるのだなと。

そんな中でお金のことを汚いものだと思っていてはお金も自分の元へ寄ってくる
はずはありませんよね。

お金に自分を好きになってもらうには、まず自分がお金のことを好きになりましょう。
恋愛と一緒ですよ。

✔最後に

今回は少しオカルトチックな内容になってしまいましたが、
お金に対しての意識が変わるとやはり行動も少しずつ変わってくるので、
お金に対してのイメージが誤っていると感じたのならば、改善をしていきましょう。

それでは、今日はこのあたりで失礼します。