どうも、ユージです。
日々ネット上を見ていると、こんなことに気が付きました。

それは、アンチ活動をする人が多いこと。

インターネットというのは匿名で顔が見えないので、
中には人のことを言いたい放題言う方が一定数いらっしゃいます。

その場に本人がいない場合、例えば掲示板などで芸能人を叩き
アンチ発言をする方、

そして、YouTubeやtwitterなどのSNS上などで本人に対して直接
アンチ発言をする方。

様々いらっしゃいますが、今回はこのアンチについて僕なりの考察や
その他色々とお話をしていきたいと思います。

アンチ活動する意味って何?ネットで他人を攻撃することの無意味さ

アンチ的な発言を他人にしている時間は、人生において無駄な時間です。

✔アンチをしている時間=他人の時間を生きている

せっせとアンチ発言を他人に対してしている時間というのは、
他人に対して時間を使っているので、自分の為に時間を使っておらず、
他人の人生を生きています。

アンチ発言をするということは、そのアンチの対象の人に対して
何らかの感情や意図があってそういった発言をしているんですよね?

アンチの対象の人にとって特に何も与えるでもなく、
自分はわざわざその人のことを知って、考えて、自分の貴重な人生の時間を
割いてまでそういった非生産的なことをしているわけです。

とんでもなく、人生の時間の無駄遣いですね。

そんなことをしている時間があるのなら、
何か自分の為に時間を有意義に使ったほうが絶対にいいですよね。

✔何かに挑戦していればアンチ活動をしている暇なんてない

ぶっちゃけ思うんですけど、アンチをしている人ってかなり暇なのかなと思います。

そもそも、自分がするべきことに時間を使っていたら人のことを見て
わざわざ悪口を言う時間やエネルギーなんて使う気になれないですよ。

もしこの記事を見ていて、自分がアンチから何か攻撃をされていると
いった場合、別に何にも気にしなくて大丈夫です。

もし何か言われても、
ああ、暇人がなんか言ってるなくらいに思っておけばいいです。

おそらくそのアンチも、本人を目の前にしてネット上で言っていることと
同じことは言えないはずです。

要はそのくらいの薄い意見なので参考にもならないということです。

アンチがついたらラッキーと思えるようにしよう

自分が何か情報発信を頑張っていたとして、もしアンチが付いたのなら
ラッキーと思うべきです。

変なこと言われて嫌な気分になるかもですが、
アンチが付いたということはそれだけ発信力が大きくなって多くの人に
影響を与えているということ。

逆に発信量が足りていなかったり、人の感情を動かすことができなければ
アンチは出ません。

一番悲しいのは誰にも反応されないことです。

一生懸命情報発信をしているのに世間の人から何も反応がない。

ブログを書いていると初めは当たり前のようにこういった状態からの
スタートですが、次第に色々な反応が出てきてその中にアンチ的な発言の
人が出てきたとしても、スルーしつつ影響を与えられていることを喜びましょう。

>>関連記事:情報発信とアンチの考え方。上手く利用する思考を身に付けよう!

✔耐えきれなくなったら、特定して戦うのもあり

アンチ的な発言をされて、もしそれが度が過ぎた誹謗中傷だったり、
自分の身内にまで被害が及ぶような嫌がらせなどを受けたらアンチと戦ってもいいですね。

インターネットといってもIPアドレスなどから本人を特定することもできます。

過去には匿名で書き込んだ酷い内容の悪口に対し、
悪口を書いた本人を特定して裁判に持ち込みアンチ側が慰謝料を払ったケースもあります。

インターネットで顔が見えないからと言って何でも言えると思ったら大間違いですよ。

書き込みの先にいるのは生身の人間でして、
ネットを介したただの会話です。

ネットは匿名だといった認識は捨てたほうがいいです。
もしこんなことで人生を棒に振ったらさすがに目もあてられないですね。

インターネット上の書き込みとはいえ、自分の発言には責任を持つようにしましょう。
むしろ書き込むことによりデータとして残るので、ある意味リアルの世界よりも
気を付けなければいけないかもしれません。

✔自分の人生を生きよう

再三ですが、アンチをしている時間って何も生み出さないんですよね。

もし自分にアンチがいたとしても、自分の人生を良くすることに時間を使う
ことを知らない人と見て、華麗にスルーしましょう。

アンチとは極力絡まない方がいいですね。
大して考えて発言をしているとは思えないですし、
対峙している時間の無駄です。

アンチで無駄な時間を使っている人は放っておいて、
自分は生産性のある有意義な時間を過ごすようにしましょう。

生産性のあることというのは、自分の人生にとって役に立つ活動のことです。

僕はブログを書くことが人生の生産性を上げる行動だと確信しているので
誰かのアンチとかはせず、ひたすら自分の人生の為に時間を使います。

ブログを自分が書くメリットはあるのか?の答え【結論、大いに有り】

 

それでは、今回はこのあたりで失礼します。

最後までお読みいただきありがとうございました。