こんにちは、ユージです。
2019年も新年度に入り、今年も数多くの新社会人が働き始めたことと思います。

ふとネット上を覗いてみると、こんな話題が上がっていました。

入社半日で新入社員が辞めたいと言ってきた

・・・まあ毎年この手の話題は上がるのですが、
この件に関して僕は思うことがあります。

入社してすぐ辞めることに対しては賛否両論ありますが、
僕はあることを考えていれば早い時期に辞めることは決して悪いことではないと考えており、

今回は入社後早々の退社はアリかナシかという内容について
深堀りしながら記事を進めていきます。

入社してすぐの退職はアリかナシか!?【新社会人の早過ぎる辞意】

入社してすぐの退職の決意は、時と場合によってはアリですね。

未来のない会社や自分にとって負担が掛かりすぎる職場であった場合は
早めに辞めてしまった方が時間も無駄になりませんし、
人生を良い方向へ向かわせる可能性が高まります。

✔入社して半日で辞めるという新社会人に思うこと

冒頭の例の入社初日で辞めた新社会人ですが、これはさすがにNGだと思います。

入社初日なんてそもそも仕事を始めることなんてあまりありませんし、
ガイダンス的なことを同期達と一緒に受けて職場を案内されて書類を提出したりなどで終わります。

おそらく上司からの叱責を受ける場面なんてありませんし、
たった半日で仕事の業務内容や職場の雰囲気や全体像はまだ分かるはずもありません。

それなのに辞めるというのはちょっと解せないというか、
ただの愉快犯なのかなとさえ感じてしまいます。

Twitterなどに入社初日で辞めたことをアピールして、
「俺、会社初日で辞めてきたぜw」とでも言いたいのでしょうか?

それはないと信じたいですが、もしそんな人がいたら幼稚すぎるというか
先を考えてなさすぎというかアホとしか言いようがありません。

まず半日で辞めてしまうくらいなら最初からやる気が無かったことは明白なので、
最初からバックレて会社に来なければいいのにと思いますし、

入社試験をパスするのに使った時間も無駄になるしそんなにすぐに辞めたいと思う会社で社風が
合わないなら最初から受けなければいいですよね。

半日やそこらで辞めるような何を考えているのか意味不明な輩は置いて
おいて、入社して少し様子をみてなんか違うな・・・
と思った場合について言及していきますね。

入社してみて、将来性が無いと判断出来たら退職はアリ

入社後半日などの職場の良し悪しを判断できない内に辞めることはよくありませんが、
数カ月など働いてみて会社に居続けても将来性が無いと感じた場合はすぐに辞めてしまって
も問題はないと思います。

逆に会社に居続けても将来が良くなることはなさそうなのにも関わらず、
思考停止して会社に残る方が悪ですよ。

✔石の上にも3年は信じなくていい

よく聞く言葉だと思いますが、「石の上にも3年」という言葉は信じなくていいです。

居て意味のない会社に三カ月いようが三年いようが何も成長はありませんし、
無駄な時間を過ごす分人生にとっては大損をしています。

これは努力した先に花が咲くときに辛抱する時期に使う言葉であり、
無駄だと思ってもとりあえず我慢して続けろということではありません。

無駄を積み重ねても何もありません、無駄は無駄です。

✔辞めるかどうかの判断基準

入社した会社を辞めるかどうかについては、得たい未来があるか、
避けたい現状があるのかのどちらかかがあれば自分の中で熟考して決めればいいです。

得たい未来とは、どのくらいの報酬が欲しいとか、生きているとやりたいことが
出てきたりしますよね。これはやりたいことが出てきた場合に辞めるパターン。

避けたい現状で辞めるパターンは職場の上司や環境がどうしても
我慢できないくらい嫌だという場合。

これも無理に我慢して同じ職場に居続けることはありませんよ。

日本だとどうしても一度レールから外れるともう終わりだみたいな風潮が
ありますが、全然そんなことないし平気ですから。

僕も転職経験があるから分かりますが、会社なんて世の中腐るほどあるなと実感します。

新卒で入った会社を辞めることは勇気がいることだと思いますが、
思い切って辞めてみても案外どうとでもなりますし、

次の会社に入ることでまた違った景色が開けてきます。

もし新卒で入った会社がちょっと微妙だなと思ったら、
自分で総合的に判断してみて辞めるのも全然アリです。

✔辞める辞める詐欺はやめよう

ちょっと話が逸れますが、会社には必ず一人はいるのが辞めると常に言っているのに
中々辞めない人っていますよね。

かまってちゃんなのか分かりませんが、やたらと周りに
「私もうこの会社辞めるから!」と常に言っていたりしいます。

じゃあ辞めれば?という感じなのですが、こういった人ほど中々辞めないんですよね。

逆にすぐに辞める人の特徴というのは、水面下で転職活動を淡々と進めていき、
転職の準備が整った時点で上司に事後報告的な形で辞意を伝えます。

僕もこのパターンでしたが、辞めると周りにいうと職場に居づらかったり
色々と面倒なので辞めるなんて言わないですね。

職場を辞める時には、転職先が決まった後か、決まらなくても辞める日にちが自分の
中で決まって上司に言うときにしましょう。

辞めるとばかり言われても周りの人からすれば面倒ですし、
本当に辞めたい人は相談なんかせずにどんどん行動しますよね。

相談すれば止められる可能性がありますからね。

周りにウザいと思われる辞める辞める詐欺のかまってちゃんにはならない様にしましょう。

✔目指すべき働き方は、働けば働くほど豊かになりやすい働き方

前提として目指すべき働き方は自分が働けば働くほど豊かになる仕事をするべきですね。

それは自分に稼ぐ為のスキルがつく働き方。

転職するのであれば次はそういった働き方ができる会社にしましょう。

例えば、プログラミングやWebマーケティングのスキルを身に付けることができる
会社に入ればスキルを身に付けつつ給料がもらえますし、働けば豊かになりやすい
未来が想像しやすくなると思います。

やはり転職をするとなるとITの分野がおすすめですね。

個人の力を付けながら働くことのできる、賢い生き方をしていきましょう。

それでは、今回はこのあたりで失礼します。