どうも、ユージです。

働く人は2つの脳に分かれるのはご存知でしょうか?

一つの脳の考え方では、お金持ちになることのできる脳。
もう一つは、ずっとお金持ちにはなれない脳。

その2つとは、
お金持ちの人が持つ「投資家脳」
そして、貧乏人の「労働脳」です

お金を持つことが出来るかというのは、
行動によって作られていますが、

その行動を作るのはその人自身の持つ
マインドセット、つまりは考え方なのです。

つまりはこの考え方をお金持ちの考え方、
「投資家脳」

にしてしまえば、
早い話お金持ちになれますよということです。

今お金があまり無くて苦しい生活を強いられている、
そういった状況を作り出しているのはあなたが
「労働脳」であるということです。

これを投資家脳に「カチッ」と切り替えることができれば、
この先の人生は自らが望む方向へと進んでいくことができます。

反対にずっと労働脳のままだと、
一生貧乏のまま生涯を終えていくことになります。

あなたはどちらの脳を選択して人生を歩んでいきますか?

働くのに時間という概念は捨てる

まず、お金を稼ぐ為にはどうすればいいでしょうか?

毎日出社して誰よりも残業して給料を多く貰う?
アルバイトであれば、何時間も時給のいい仕事をこなす?
一生懸命汗水垂らして働く?

残念ながらそういった考え方では、小銭は稼げても
一生労働地獄からは抜け出せないでしょう。

お金というのは、職場にいたからどこかからそのいた分だけ
沸いて出てくるものでしょうか?

違いますよね。お客様がいて、価値を提供しているからこそ
お給料を頂けるわけです。

会社員は給料という形で銀行口座に月に一度振り込まれるという形
なので、お金が天から降ってくるものだと錯覚してしまいがちですが、
元を辿るとお客様からのお金を頂いています。

あなたが会社に長く居座っていたことはお客様にとって
価値を感じているでしょうか?

そこに価値があるわけは当然なく、
商品やサービスを受け取るメリットに価値を感じるのです。

日本人は労働を美徳とし、
労働信仰が強いですが、いくら汗水たらして働いていたとしても、
お金を払う側が全く価値を感じなければそこに意味はないのです。

例えば畑をせっせと鍬で一生懸命耕したとして、
時間が何カ月もかかって少しの農作物を手にするより、

最新鋭の設備で沢山の温室野菜を多くの人に
素早く手渡せた方が価値提供できてお金が稼げると思いませんか?

体を動かして一生懸命労働し、
汗をたくさんかいたのは前者かもしれません。

しかし、後者のやり方の方が楽をしているように見えますが、
より多くの価値を提供できています。

要は、
時間を掛けて頑張ったというのは全く関係のないことで、
成果をより多く出せばお金を稼げるということです。

お金を稼ぐことを時給換算しているうちは稼げませんということです。

お金を稼ぐ為のキーワードは

時間 ×
成果 ○

これを強烈に脳にインプットしてください。

体に汗をかくのではなく、脳みそに汗をかいてください。
稼ぐには何をすればいいのか・・

考えて考えて考えて・・・

しかし途中で気づくはずです。
体を動かして働いていた方が楽だったと。

考える仕事をみんなしないのは、これほどキツイものは
ないからです。

人間というのは肉体的苦痛よりも精神的苦痛の方が耐えられません。

ですが、この考える仕事をして壁を越えた先には、
少数派に与えられた特権で多くの報酬が舞い込んできます。

時間を切り売りして稼ぐには限界があります。
そもそも時間というのは限界がありますから。

僕は学生時代、時給のアルバイトをしていて
楽な仕事を見つけたとき、
「こんなに楽な仕事でいるだけでお金がもらえてラッキー!」

と思っていましたが、これ、完全な労働脳です。

時間を切り売りするという思考が完全に定着しており、
成果型の思考ではないですね。

その時給で稼いでいたときに仕組みで稼ぐことに力を注いでいれば、
どんなに進んだ結果となっていたか。

お金持ちになりたければ、時間や時給という発想は捨て去り、
「時間とお金と労力を投資する」、投資脳が必要となってきます。

つまりは、稼ぐ為の仕組み作りをしないといけません。

何も、働くのは自分の体一つだけでなくてもいいのです。

資産というやつですね。

お金を生み出してくれる資産をどれだけ作れるかが重要なポイントです。

世の中のお金を沢山稼いでいる人たちは、
自分が働くのではなく、仕組みや資産、人に働いてもらって多額の報酬を稼いでいます。

自分はそれを管理する側に回るのです。

多くの社長や経営者の方は自分が直接体を動かして労働はしていませんよね?
必ず自らは取り纏めの方にいます。その方が稼ぐことができるのです。

最初は成果は出ない

とはいっても、
稼ぐ為の仕組み作りはいきなり成果が出てお金が入ってくるということは
そうそうありません。

価値が提供できて初めてお金が入ってくるので、
その価値提供の仕組みがある程度まで整わないといけません。

ブログならアクセスが集まるところまで時間が掛かったりする
といったそういう意味です。

なのでまずは、時給の考えはいったん捨てて、

何時間働いたではなくどのくらいの成果を出したかというところに
フォーカスを置き、稼ぐ為の仕組みづくりに取り組んでみてください。

僕はインターネットビジネスでネット上に稼ぐ仕組みを構築し、
組織に囚われずに稼ぐ方法をメルマガで配信しているので、
興味があれば登録してみてください。

まずは時給0でも諦めずに取り組みさえすれば、
労働脳の時間給の人よりも多くのお金を稼げるように
なれるはずです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

期間限定で特別マニュアルと現金10万円以上稼げる方法を無料で公開中!

僕がインターネットビジネスで成功を確実に掴み、
人生の自由を手に入れ最高の幸せを手に入れるための
特別マニュアルをあなたへ特別にお送りします。

今だけ現金を10万円以上速攻で稼げるノウハウも公開しているので、
すぐに実践して頂き最短で自由を手に入れてください。

今すぐ無料で手に入れる