こんにちは、ユージです。
常に情報リテラシーは高く保とうと意識しながら生活しております。

先日こういったツイートをしました。

情報弱者となりやすい人の特徴は下記の通り

・自分の頭で考えず人に流されようとする
・面倒臭がりで小難しいことはすぐに放棄
・甘い言葉に弱い

情報格差は経済格差に直結します。
リテラシーを高めて搾取されないようにしましょう。

近年は通信の技術の発達により大幅に情報の伝達の方法や量が活発となりました。

それに伴い、情報に常にアンテナを張り情報を持つ者と
反対に情報リテラシーの無いいわゆる情報弱者の二極化が進んでいます。

今回は上記のツイートを深堀りしつつ、
情報弱者にならない為に大事なことや危険性についてお話していきます。

情報の弱者となる人の特徴とは!?搾取される側にならない為の注意点

情報弱者となりやすい人は、ある程度特徴がありますね。
そして、これからの時代そういった方はかなり生きづらいと思います。

情報弱者となりやすい人の特徴は、先ほどのツイートの繰り返しですが、下記の通りです。

・自分の頭で考えず人に流されようとする
・面倒臭がりで小難しいことはすぐに放棄
・甘い言葉に弱い

これだけだと具体的ではないので、もう少し詳細に話しつつ情報弱者にならない為の
対策についてもお話していきたいと思います。

✔考えることを丸投げするような人は要注意

自分で物事を調べようとせず、または理解しようとせず、
面倒臭がって何も分かろうとしない方は要注意です。

こういった方は、この高度な情報社会においてどんどん知識を吸収していく
人よりもどんどん後れを取っていきます。

こういった方の特徴として、自分の頭で考えようとせず人にすぐ頼ろうとする傾向があります。

例えば、何か分からないことが出てきたときに一旦ググってみたりして自分で
調べようとせずに、すぐ人に聞くような人。

情報を自分で調べて解釈して、
「これはこういったことなのか・・・」

となる人に対して、

考えることを放棄して人に丸投げしてしまう人というのは
そこで知識を得るチャンスを失ってしまいますよね。

この考える癖を付けておかないと、自分の頭で考えて情報をどんどん手に入れることが
出来ない習慣がついてしまうのが厄介なところで、なかなか一度ついてしまった習慣からは
抜け出すことができません。

これが情報弱者の人になる特徴かよと思われたかもしれませんが、
こういった小さなことが道の分かれ目になります。

自分で考えずに思考停止している人は自分で気づいていないかもしれませんが、

分からないことが出てきた⇒考える⇒ググるなどする⇒考える⇒分からない
⇒要点をまとめて質問する

こういった質問の順序が本来の質問の仕方であって、こういったことが分からないのも
人から情弱と思われるところだし、常識がないとレッテルを貼られるところですよ。

情報弱者はカモにされ続け、富を得ることはない

情報弱者は、カモにされやすいのでお金を手に入れにくいですね。

✔現代社会の構図

・情報弱者から情報強者へとお金が流れる

ちょっと悲しい感じですが、わりとこんな感じの構図は成り立っています。

これは別に、変な情報商材を情弱が買わされるとかいう意味ではありませんよ。
もちろんその形もありますが。

▧世の中は、知らないと損することが多すぎる

日本の学校教育ではお金の勉強はほとんど皆無なので、
皆さん金融の知識が少ないです。

ちゃんとお金のことを勉強したひとよりも遥かに損していますよ。知らない内に。

少し例を挙げると、
・税金
・保険
・資産運用

こういった分野は全く無知と言いますか、
知ろうともしない人が多いです。

保険なんか独身なのに進められるまま生命保険なんかに入っていたり、
お金でお金を生み出すことなんか悪いことのように思っている人もいます。

お金に対しての知識が薄いと、本当にずる賢いひとに詐欺にあったりしますから
気を付けないといけません。

保険を販売する人や資産運用の商品を販売する銀行マンや証券マンが、
情報弱者を連日食い漁っていますよ。

本当に勉強しないとカモられます。

そして、ありがちなのがお金の本質を知らないばかりにお金に対して悪いイメージというか、
日本人特有の「清貧」のような考えをもっている方も多いので、お金の勉強については
必須だと思います。
>>参考記事:お金を汚いと思っている人は危険信号!?今すぐその考え方を変えよう

金融に対して無知だったり、世間知らずが過ぎるとかなり損しやすいという世知辛い世の中です。

損しない為に対策をお伝えします。

▧情報弱者から抜け出すには、自分が発信する側になればいい

情報弱者とならない為には、
自分が情報を発信していく立場になる必要があります。

✔情報を発信していると情報リテラシーが付く

情報を自分から発信していると、情報リテラシーは強化されます。

大半の人は情報は常に受け取るだけの受動的な形なので自分の頭で考える習慣が付きづらいです。

しかし、もしブログなどで情報を発信していれば新しい知識や今までの付けてきた知識を
深堀りして追及するようになり、自分の頭で考える癖がつくようになります。

こういった習慣がつくことで、新しい分野のことや分からないことが出てきても
なんとか対処できるようになりますし、馬鹿馬鹿しい詐欺のような話の矛盾点にも気づきやすくなります。

嘘かと思うかもしれないですが、物は試しで何かしらネット上でいいので
情報発信してみましょう。ブログを始めるなら下記の記事をご参考下さい。

【ブログ始めたい】アメーバブログとワードプレスどっちがおすすめ?

情報格差はこれからますます広がるばかりだと思います。
この傾向はさらに顕著になります。

情報の格差は経済の格差に直結しますので、
日々研鑽を積むようにしましょう!

それでは、このあたりで失礼します。