こんにちは、ユージです。
もうすぐ平成が終わり新時代が始まりますね。

つい最近世の中では副業解禁されましたが、
今後もどんどんこの流れは加速するものと思われます。

副業をするといっても時間が無かったり、会社での仕事でヘトヘトで
そんなことをする余裕はないといった意見もあると思います。

しかし、今の会社の給料だけでは将来不安・・・

こういった方は実際多いです。

そこで今日は、派遣社員&副業が最強論を理由を合わせて
この記事で説明いたします。

この先のライフスタイルに多く取り入れる人が多くなると
予想されますので、この機会に是非頭に入れてみて下さい。

派遣社員をしながら副業をするという選択肢は最も賢い戦略である理由

派遣社員として働きながら副業に取り組むのが最強なのは下記の通りです。

・正社員よりも負担が少なく働くことができる
・比較的時間の融通が利きやすい
・最低限の収入を確保しながら副業で+αの副収入を伸ばす環境を作れる

こういった理由ですが、順番に説明していきます。

・正社員よりも負担が少なく働くことができる

一般的に派遣社員は正社員よりも負担が少なく働くことができます。
負担とは責任の重さですね。

固定収入を得ながら副業をするとなると、家に帰ってきてからまた更に
自分のビジネスに取り組むということになりますが、

会社でさんざん神経をすり減らして働いたあとに家でも副業というのは
不可能ではないですが、ちょっとキツイものがあります。

もし派遣社員であれば、馬鹿にするわけではありませんが比較的簡単な業務を
任されることが多いので正社員に比べると家に帰ってからもわりと余力は残っていると思います。

会社で消耗しない分の体力を家に帰ってからの副業に使いましょう。

・比較的時間の融通が利きやすい

これも正社員よりも責任の少ない立場にあることが関係しますが、
派遣社員の方が定時に帰るということがしやすいでしょう。

派遣先の企業での自分に対する評価というのは正直、
職場が変わったり副業が上手くいって辞めたらもう関係のないものです。

定時で帰ることに後ろめたさなど感じずに、自分の時間を確保するために
なるべく早い時間で帰宅しましょう。派遣社員ならこれができやすいのが
かなり大きなメリットです。

・最低限の収入を確保しながら副業で+αの副収入を伸ばす環境を作れる

派遣社員であれば生活できる分は余裕で稼げるはずです。
下手したら正社員よりも多く貰う人もいるはずです。

僕は組織に縛られずに自由に生きるためにインターネットを使った稼ぎ方だったりを
日々発信していますが、そういった稼ぎ方でいきなり生活するのは現実的に難しいです。

しかし、派遣社員で収入を確保しつつ、時間と体力の余力を残した状態で
副業にコミットするやり方は精神衛生的にもいいことです。

派遣の仕事で生活の保証をしつつ、正社員にはできないような
時間の使い方で副収入を伸ばすというやり方はその先の独立という選択肢も見えてきますし、
収入を伸ばしやすいので非常に賢い選択肢と言えるのではないでしょうか。

派遣社員をしながらやるべき副業

派遣社員をしながらやるべき副業は、働けば働くほど資産となるようなことをしましょう。

取り組むべき副業はこちらの通り。

・アフィリエイト
・情報発信
・Webライティング
・プログラミング

上記のようなものを取り組むと今後の人生を生きやすくなると思います。

派遣の仕事から帰ってきて、例えば飲食店で副業をしたとしても、
お金を稼ぐことができるだけでそれは一過性のものとなります。

そうではなく、仕事をすればするほどスキルや資産が積み重なることをするべき。

例えばアフィリエイトや情報発信でブログやYouTubeでインターネット上に
コンテンツを作り出すことを続けていくとすると、一度作ったコンテンツというのは
自分の代わりに働いてくれる分身となり、働けば働くほど二次曲線的にお金を生み出します。

Webライティングを勉強して、Webライターとしての仕事を受注して継続していけば
スキルや経験次第で文字単価が上昇していきますし、

プログラミングも勉強してスキルを身に付ければ付けるほど高収入が見込めます。

このように、働けば働くほど自分の実績や資産となるところで努力をすべきで、
会社で働くよりもこれからの時代こういった考え方に早く気付いた人から豊かになるでしょう。

✔正社員に固執する時代は終わり

とはいっても、正社員の方が安定だし、派遣なんか嫌だよといった声もあるかもしれません。

そういう考え方の方に僕から一つ質問をしたいのは、
「ずっとその会社の正社員として働き続けることのできる保証はありますか?」
ということ。

今や一部上場の超一流企業ですら赤字を垂れ流し倒産やリストラが当たり前の時代です。

もはや終身雇用制度は崩壊しており、誰しもが一つの会社に留まることは保証されていません。

そんな中で一つの会社でしか通用しないスキルしか持たないことがいかに危険かと
いうことを皆さんもっと危機感を持って認識した方がいいです。

派遣社員をしながら働くというのは勿論ずっとそのまま派遣でいろと言っている訳ではありません。

あくまで派遣は「腰掛け」としてドライな考えで働き、
個人で稼ぐことが出来るスキルを身に付けることが本物の安定です。

合理的な生き方で、この難しい時代を生き抜いていきましょう。