こんにちは、ユージです。

最近うつ病が増えていると聞いて、閉塞感のあるこの世の中、
そういった方が増えても仕方ないかなと思いましたが、それにはある原因があると感じました。

そう、それは題名にもある通り「自己肯定感」が低いから。

自己肯定感とは読んで字のごとく自分を肯定してあげる感情の事です。

自分のことを認めて、肯定してあげる感覚が少ないと、
気が滅入ってどんどん落ち込んでいくことになります。

今回はそういったことを改善するために、
何故自己肯定感が低くなるのか、どうしたら自己肯定感が高くなるのかについてお話していきます。

自己肯定感が低いと、人生の質が下がります【高め方もセットで知る】

自己肯定感が低いと人生のクオリティが落ちます。
何故ならそんな状態では常に気分が乗らないから。

当たり前の事ですが、気分が乗らず調子の悪い状態で
楽しい人生は送れません。

日本人にありがちなことですが、謙虚を美徳とする文化がありますよね。

謙虚でいることは素晴らしいことですが、変に自分をへり下って卑下したり
することってありがちですよね。

何かをやってもこんなこと当たり前だ、自分は大したことないみたいな。

そうやって自分を認めてあげないと、どんどん自己肯定感が下がって
気分が落ち込み、不幸な気分になってしまいます。

自己肯定感の高め方

これは僕が実践していることですが、とても効果があります。

それは、「小さな成功体験を積む
といいうことです。

小さな成功体験の積み方は、何でもいいです。

自分に対して課題を与え、それをこなすことで自分を認めてあげましょう。

僕の場合は、ブログを毎日更新することにしており、
それをしっかりとやり遂げることで毎日自分を認めることができています。

できれば毎日継続できるものがいいですね。

例えば筋トレなんかはおススメです。

筋トレを毎日腹筋100回、背筋100回、腕立て50回
などノルマを設定して、ルーティン化すれば決められたことを毎回こなすこと
になるので自己肯定感は守られやすくなります。

筋トレは心身ともに鍛えることができますし、
自分の身一つでお金も掛からないのでいいですよ。

馬鹿にされるかもしれませんが、このルーティン化というのがミソで、
決まったことをやることに効果が生まれてくるのです。

✔自己肯定感が低い時の自分というのは、気分の上下が激しかったです

自分を肯定できることをしていなかったときというのは、
自己肯定感が低くて結構精神的に辛い時もありました。

人間誰でも落ち込むことはあるとは思いますが、
できるだけそういったことは少なくしたいですよね。

ブログを毎日更新する前は、無駄にYouTubeを見たりして生産性の無い行動
ばかりしている自分に嫌悪感が湧き自己肯定感も低かったですが、
記事を書いたりと生産的な活動をすることで自己肯定感というのは守られました。

自己肯定感の高め方のポイントとしては、生産的な活動をするということが有効ですね。

自己肯定感ばかり追っているのは間違いです

一つ気を付けたいのが、自己肯定感を高めることは大事ですが、
人生はそれだけでは良くならないということ。

自己肯定感が低いと確かに人生の質は下がりますが、
高くても質は良くなるとは限らない。

人生の質が高まる=成果を出すことであり、

何かに継続的に取り組んだ結果、自己肯定感も高まり、結果も出るようになり、
そして人生の質も向上する。こういった流れが正解かなと思います。

✔成果を出すまでに失敗して自己肯定感を失いがち

これはあるあるですが、何かの成果を出すまでの試行錯誤の間に、
中々結果が出ずに自信喪失し自己肯定感も下がっていくというのはありがちな話です。

ぶっちゃけこれは仕方ないことかなと思っており、
この失望による自己肯定感を失っている人って何かにチャレンジしているからこそ
の結果ですよね。

何にもチャレンジしなくても自己肯定感は失われるので、
だったら挑戦して失った方がいいかなと。

厳しい話ですが、ここで諦めるようでは成長はないわけで、
挫けずに努力をし続けた人だけが質の高い自己肯定感という快楽を手に入れることが
出来るかなと思っております。

最低限の自己肯定感は小さな努力で手にすることができますが、
大きなものというのは結果が出ず一旦自分を否定する作業から始まり、
苦しんで悩みぬいて、その先にやっと現れるものです。

すこし熱い話にはなりましたが、
修羅の道が好きな人はどうぞお進みください。

自己肯定感が高くなれば人生の満足を得ることができるわけではありませんよという
ことをお伝えしたかったのです。最低限のラインは、先ほどから言っているように
小さなことの継続で身に付けられます。

✔最後に

今の僕はある意味、ブログという作業を毎日こなすことで自己肯定感が守られていましたが、
大きな結果を出すという意味では、逆に低くなってきたような気もします。

これで大きな結果が出た暁には、自分にとって人生において何者にも代えがたい
大きな「自己肯定感」を手に入れることができるような気がしております。

あなたも、何か始めてみませんか?