どうも、ユージです。
今回は集客の上手くいかないときに抑えておくべき考え方についてお話していきます。

下記は僕のツイートです。

集客をする方法は色々とあるけど、具体的には下記の通り
・人を集める
・人が集まっている所にいく
・人に集めてもらう
自分が今どのやり方をするのが1番成果が出やすいのか、
またやりやすいかを考えて行動するといいと思う。

商売を行う限り、集客という過程は見過ごせないものであると同時に
最も大切なフェーズの一つでもあります。

これはリアルのビジネスでもオンラインのビジネスでも同じです。

先のツイートでも出していますが、
集客においての3つの方法についてこれから詳しくお話していきます。

集客が上手くできないときに意識しておくべき3つのポイントとは!?

繰り返しですが、集客を行う方法は下記の3つです。

・人を集める
・人が集まっている所にいく
・人に集めてもらう

今何かしらのビジネスに取り組んでいるけど中々集客が出来なくて困っている
という悩みを抱えている方は多いです。

ビジネスにおいて集客は最も重要であり難しいものでもあります。

集客さえ上手くいってしまえば極端な話、
ある程度の売り上げは見込めますし、商品の質が悪くても売れてしまいます。

ソフトバンクの孫正義さんも、
「まずは人を集めよ」とおっしゃっています。

お客さんがいなければどんなに素晴らしい商品やサービスがあろうとも
売り上げが立つことはありえません。お客さんがいて初めて商売はスタートします。

そこで集客をする為の方法は頭に入れておく必要があります。

✔集客はずっと継続するもの

これから先ビジネスをし続けるのなら集客はこの先もずっとし続けていかなくてはなりません。

まず多くの人が取り組むやり方としては特にネット関係のビジネスなら
「人を集める」というやり方だと思います。

というか、これしかやってないという方も多いです。

インターネット上での集客と言えば、検索エンジンやSNSなどが代表的ですが、
正直ここで上手くいくならあとのやり方はしなくてもいいですね。

人を集めようとして人が集まっている訳ですから、
ちゃんと検索エンジンで上位を取れているSEO対策だったり、SNSの運用がしっかりとできている
ということです。

しかし、人を集めようとしているけど中々上手くいかないという場合、
集客のやり方が間違っているか、力の入れ方がまだ全然足りていないか、
他のやり方を試す必要があります。

もし飲食店などのリアル店舗での商売で集客をするのであれば、
当然ながら人の多いところで店を出せばある程度の人の入りは見込めます。

これがインターネット上の場合だと、認知される様なサイトが育っていなかったり、
SNSを全く活用しないと、自分のところに来てくれるお客さんが0人ということになります。

人を集めるというのが集客の王道ですが、
これから他の2つの詳細についても言及します。

王道以外での集客方法

人が集まらなかったら、人が集まっているところにいきましょう。

人が来るのを待っているのではなく、自分からお客さんとなり得る人がいるところへ行きます。

これがリアルビジネスや店舗型の商売なら、単純に人口の多いところで
商売を始めれば集客は捗るでしょう。

もしインターネットで何かサービスなどを販売しようとしているけど、
なかなかサイトにアクセスが集まらない場合は、
見込み客のいそうなセミナーなどに参加します。

参加した後の懇親会などで、主催者に絡みに行くのでなく、
セミナーを受けた人に自分の価値をアピールするのです。

もし自分が何かの実績があるのなら、参加者に対してセミナーの内容に
関連した商品を提案します。

アフィリエイトのセミナーならアフィリエイトで自分が稼いできた
今までのやり方をコンサルするとかですね。

主催者の話していることよりも魅力的に思えてもらえたら高確率で
成約するはずです。対面で話しているのでネット上よりも強いはずです。

✔人に集めてもらうというやり方

集客で人に集めてもらうというといまいちピンとこないかもしれませんが、
これは少し上級テクニックとなります。

人に集めてもらうということはある程度お金や実績がないとできません。

そのやり方というのも、自分のことをアフィリエイト(紹介)
してもらうというやり方です。

オプトインアフィリエイトはご存知ですか?
メールアドレスを一件集めたら、何千円とか貰えるやつ。

あれを自分が集めてもらう側に回れば集客はものすごく楽になります。
あとは広告を回してリストを獲得するとかですね。

お金が必要なやり方ですが、
リスト単価以下のお金で一件のリストが集まった場合、労力をかけることなく
リストが集まるのである意味最強のやり方です。

例えば自分のリスト単価が一件3,000円とした場合、
オプトしてくれた方に一件1,000円の報酬を渡す形なら一件のリストで2,000円の儲けとなります。

やはり資本主義社会なので、お金を持つ人は当然強いですね、
お金がお金を呼ぶ仕組みを作りやすいです。

このように、集客といってもやり方は色々と存在します。

人が集まらないのなら、自分の見込み客がいそうな場所にオフラインであれオンラインであれ
とにかくコンタクトして認知してもらう。そんな泥臭さも時には必要かもしれません。

まずは人がいないとビジネスになりませんので、集客を頑張っていきましょう。

それでは、このあたりで失礼します。