どうも、ユージです。
資産運用を将来に渡って効率的に行っていきたいと考えた結果、
HSBCの口座を開設しました。

先日こういったツイートをしました。

本日は上記のツイートの内容を深堀りしつつ、
日本人に人気のHSBCの口座開設について、僕自身が体験したことによって
分かったこと、また口座開設によるメリットなどを深くお話していきます。

HSBCの口座開設を日本人がするメリットが多い理由!

HSBCの口座開設を日本人がするメリットが多い理由は、なんといっても
海外には日本にはない魅力的な金融商品が沢山あるからですね。

単純に考えてみれば分かりますが、日本だけで資産を運用するのと海外を含めた
資産運用では圧倒的に後者の方が幅広い運用が可能ですよね。

日本人の多くの方は、資産運用を日本だけに偏り過ぎていると思います。
不動産にしろ金融資産にしろ、全部日本で完結して日本円だけのキャッシュフローで
行っているのはグローバルが進む近代ではまさにガラパゴスの象徴といってもいいくらいです。

日本は島国なので海を渡らなければいけない分少し敷居が高いかもしれませんが、
もう少し多くの方が海外に目を向けるべきですね。

外貨を保有することは資産の防衛にもなる

HSBCで口座開設をするということは、自分の資産を円ではなく海外の資産、
つまり外貨で資産を保有することが出来ます。

海外の銀行口座を開くことにより、円だけを保有することで発生するリスク、突然のインフラにも
対応することが可能です。日本でも政治家や資産家などの有識者は既に多くの日本円を
外貨に移行し、資産を防衛しているという事実もあります。

HSBCなどの海外の口座を開設することにより、日本ではお目にかかれない魅力的な案件に
出会うことも出来ます。

僕自身は日本での資産の運用はしていませんが、アメリカのヒューストンに不動産投資として
土地の一部の権利を持っております。これもHSBCの口座を開設したからこそ口座経由で海外の
資産を保有することができました。

単純に日本のみではなく、海外の案件も資産運用の選択肢として可能になる為、
幅広い視野で将来に渡って運用を考えていくことができます。

HSBCの口座開設体験談

僕自身は口座開設の為に2016年に香港に渡航しました。

成田国際空港からキャセイパシフィック航空で片道3時間くらいでしたかね、
そんなに長く感じず、あっという間に着きました。やはり日本から地理的に近いこと
は結構重要なポイントですよね。

掛かった費用は総額で10万円とちょっとくらい、口座開設のあと色々遊んだりしたので
まあまあ費用は掛かりましたが、楽しかったのでOKです。
ちなみにですが、口座開設には英語の勉強とサポート会社による手伝いがほぼ必須でして、
これのお陰で費用がかさみました。

日本と違いHSBCの口座は誰でも開設できるわけではなく、ある程度英語による質問に答えることができなければいけません。日本の場合はこちらはお客様として丁寧に扱われますが、
海外の場合、行員の態度としては「口座を作ってやる」といった感じで、
あまりに英語が出来なさすぎると口座開設に失敗します。

せっかく香港まで渡航したのに口座を開設できませんでしたでは悲し過ぎますよね。
なので、現地でサポートをしてくれる会社のスタッフの助けが必要です。
僕自身も助けてもらいましたし、事前に質問集のようなものを渡されそれを勉強することと
スタッフの助けで晴れて口座開設できるといった形です。

年々HSBCの口座開設のハードルは上がってきているらしく、口座を開設したいのであれば
なるべく早い段階での行動をおすすめします。

一つ注意点として、口座開設者の無知を利用してぼったくりの口座開設サポート業者も
存在するらしいです。口座開設に5万を超えてくるとちょっと疑ったほうがいいレベルなので、
旅費も含めた丸ごとの費用なのか、口座開設サポート単体で高額の請求をされている
のかなど把握したうえで変な業者には引っ掛からないようにちゃんと調べてみたほうがいいですね。

口座開設後日本に帰国してから注意すること

口座開設に無事に成功してからも、HSBCの口座は注意しておくべき点があります。

それは口座の動きがあまりにも無いと口座が凍結されてしまうのです。
なんだそりゃ、面倒臭いな。。と思うかもしれませんが口座を持つメリットは大きいので
少し多目にみてください。

口座の凍結対策としては簡単で、8カ月以内に一度、お金を引き出せば大丈夫です。
セブンイレブンのATMなどで引き下ろすことができますので、大体半年に一回くらいは
千円でも下ろしておけば大丈夫です。

これを怠ると凍結をして銀行に問い合わせをしなければいけなかったり
香港までもう一度出向いて対応をしなければいけなくなる場合があります。

最悪の場合永久凍結してしまい、もう二度と口座が作れなくなってしまうので、
口座維持のためには上記のことは忘れないようご注意下さい。

香港のような金融都市に行くことで視野が広がります

実際に香港に渡航をし海外の風を感じて動いてみると、資産運用への勉強のモチベーションや
ビジネスのやる気も沸いてきます。

香港は世界的にも屈指の国際金融都市ですので、是非一度訪れてみてください。

以下は僕が撮った写真です。

マカオのカジノや香港の夜景、ホテルの前にあった巨大なアイスのオブジェや
HSBCのキャッシュカードです。

口座開設の為に海外に行くとちょっと仕事の出張みたいな感じになってしまいますが、
口座開設の後は香港の雰囲気を感じつつ、思いっきり楽しむのがいいと思います。

ご飯も日本人の舌に合うものが多かったですし、香港のお隣のマカオにもいったのですが、
日本には絶対に無いド派手で巨大なカジノの建物があり異次元の空間といった感じでした。
マカオには男の楽園もあるので是非そこにも行ってみてください。
(あえてこれ以上はいいません・・・笑)

今回のまとめ

HSBCの口座開設は、世界に目を向けた資産運用をすることが可能となり、
外貨も保有することができるので資産運用をお考えの場合は是非開設をした方がいいですね。

年々口座開設のハードルは上がっているので、作成するのであればお早めに、
ちゃんとしたサポート会社に手伝ってもらうことが大事です。

僕個人の意見としては、資産の運用も大事ですがまず初めに自分のビジネスで
しっかりと入ってくるお金を大きくすることが先決だと思っております。

少ない資産を運用することを考えるよりも、どう考えても入ってくる収入を多くした方が
効率がいいですからね。

僕のメルマガでは収入を個人で多く作る為の講座を発信しておりますので、
是非登録して勉強をしてみて下さい。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

期間限定で特別マニュアルと現金10万円以上稼げる方法を無料で公開中!

僕がインターネットビジネスで成功を確実に掴み、
人生の自由を手に入れ最高の幸せを手に入れるための
特別マニュアルをあなたへ特別にお送りします。

今だけ現金を10万円以上速攻で稼げるノウハウも公開しているので、
すぐに実践して頂き最短で自由を手に入れてください。

今すぐ無料で手に入れる