こんにちは、ユージです。
今日は時代に即したテーマをお話します。

下記は僕のツイートです。

【YouTubeで収入を上げるには】
YouTubeで稼ぐ方法は広告収入が有名だけど実はそれよりも更に大きく稼げる方法がある。
それはずばり、リストを取ること。
例えばヒカキンがもしリストを取ってDRMを使って商品をセールスすればエゲツない金額が稼げるでしょう。
YouTubeは集客のツールとして使う。

上記のツイートをしましたが、
これの重要性とこれから僕の言いたいことがなんとなく予想できるでしょうか?

「こういうことを言いたいんだろうな」
という考えを持てる場合は、ある程度ビジネスの知識やセンスがあります。

「なんなのかよく分からないや」
という場合はこれからの内容をよく読んでいただき、自分の頭にインプットして
これからの武器にしましょう。

これを知っていて実行する人と何もしない人ではこれからの時代天と地の
格差が生まれます。

では、参ります。

YouTube(ユーチューブ)からの収入を効率的に跳ね上げる方法

YouTubeを使って最も効率的に収入をもたらす方法、
それは、「YouTubeを集客の媒体として使う」という方法です。

✔YouTubeでお金を生み出す方法は広告収入や企業案件だけじゃない

今の時代まさにYouTubeは最盛期を迎えていますよね。

その象徴が「YouTuber」
知らない人はほとんどいなくなりましたよね。

「ヒカキン」さんや「はじめしゃちょー」さんらが人気YouTuberとして
名を馳せていますが、彼らの収入って半端じゃないです。

一説によるとヒカキンさんは一年で10億稼ぐとか・・・

でも登録者3万人くらいのYouTuberでも、
広告収入だけで生計を立てられるくらい稼ぐことができているので
10億円という収入は現実味が湧きますね。
※ヒカキンさんのチャンネル登録者数は2019年2月現在710万人

YouTuberの収入というのは主に広告収入、企業から依頼を受けて商品やサービスを
紹介する企業案件、そして人気のあるクリエイターはグッズなどを売って
稼ぐ方法などがあります。

それでもある程度チャンネル登録者や再生数を稼ぐ人はまとまった収入を得ることが
出来ますが、それはあくまでYouTube側に依存した稼ぎ方なのです。

✔YouTubeはあくまで人を集めることに使うべき

広告の儲けの仕組みをよく考えて頂きたいのですが、
広告を貼って儲かる側だけでなく広告を出す側のことにも着眼点を持つべきです。

ビジネスに取り組む気持ちがあるのならなおさらのこと、
何故YouTubeを投稿する人たちのチャンネルに多くのお金を払ってまで
広告を出すかというと、それで儲けが立つからですね。

儲けが立つというのはYouTubeに人を集めることが出来るからです。

そう考えると、せっかく人が集まったのに動画を見せるだけ見せて終わりって、
ハッキリ言ってかなりの損だと思いませんか?

動画に来た人といういうのはどこに流れるのかというと、
次の動画に飛ぶか、もしくは広告主のところに流れていきますよね。

これでは動画を出す側としてはコンテンツの良さを生かしきれていないので、
動画に来た人を自分のリピーターもしくはずっと長い付き合いをしてもらえるように
メールアドレスを取得するようにしましょう。

これを「リストを取る」といいます。

これからはYouTubeで稼ぐ方法は、広告収入というイメージは一旦捨てて、
あくまでYouTubeは集客としての媒体として捉えましょう。

自分のチャンネルに来た人をリストとしておくと二度ともう自分のもとに
訪れなかったかもしれない人をメルマガを配信するという形でこれからずっと
自分からアプローチすることができます。

この概念はネットで稼ぐうえでとても重要な「DRM」という手法なので必ずマスター
して下さい。

DRMについての詳細の記事はこちら

この手法を使っていないブロガーやYouTuberは滅茶苦茶多くて非常に勿体ないと
常に思っているのですが、この記事を読んだからには自分のビジネスに取り入れてくださいね。

実は、メルマガは廃れたと思われがちですが、ここ最近にきてまた小さなトレンドが
巻き起こっています。

やはりメールアドレスというのは無くならない媒体なので、
早めにやっておいた方が有利というのは間違いないですね。

YouTubeで収入をあげることは無理じゃない

「YouTubeなんか一部の才能がある人しかお金は稼げないよな・・・
自分は見る専門でいいや」

こんな考え方を持っていたら非常に勿体ないですよ。

確かに、一部の人気YouTuberのように多くの人に面白がって見てもらえ、
チャンネル登録者数百万人とかはかなり難易度が高いと思います。

しかし、動画という媒体は視聴者にかなり自分の伝えたいことを分かりやすく伝える
ことの出来る非常に便利なツールです。これを使わない手はありません。

人気YouTuberになるのではなく、あくまでYouTubeは人を集める一つの媒体として
捉え、リストを保有しそこで自分の商品を売るなりすれば少ない再生数でも
そこらのYouTuberよりはかなり稼げるでしょう。

正直、有名どころの人気YouTuberがDRMを使って自社商品を売ったら売り上げは
もの凄い金額になるのは間違いありませんが、彼らは動画クリエイターであり
ビジネスマンとは少し毛色が違うのでこの手法は使わないのでしょう。

多くの一般の方は有名YouTuberになって広告収入で稼ぐよりも
YouTubeを集客の為の道具として使う方が圧倒的に効率がいいのでそのように
使うようにしましょうね。

広告収入はあくまでオマケと捉えましょう。

YouTubeは誰でも簡単に動画を投稿出来るので、
まだアカウントを持っていない場合はすぐに作成して自分のビジネスに役立てて下さいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。